0120-709-401
受付時間 / 9:00~18:00

こだわりの家づくり

Custom House - Technique

長期優良住宅

住宅は「つくっては壊す」時代から「良い物をつくって永く大切に使う」という社会に変わろうとしています。

住宅を長期にわたり使用することで、住宅の解体や撤去に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷の低減につながり、建て替えに係る費用を削減することができます。小川ホームズでは建物の基本性能を高めるために、「耐震性・省エネルギー対策・構造躯体等の劣化の対策・可変性・維持管理更新の容易性・高齢者等配慮対策」にすぐれた長期優良住宅に全棟対応してまいります。

長期優良住宅とは

長期優良住宅の特徴

1.高い性能を備えた住宅
住宅の長寿命化のために必要な性能、省エネルギー性など高い性能を備えた住宅です。
2.長く住み続けられる住宅
外壁の塗り替え、内装の張り替え、設備機器の交換など手入れをしながら、長く住み続けられる住宅です。
3.環境にやさしい住宅
住宅を長持ちさせ、次の世代に引き継ぐことで、建設廃棄物が削減され、環境への負荷を軽減することができます。

長期優良住宅の要件

長期優良住宅とは、次のような要件を備え、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(以下、「法律」という)に基づく認定を受けた住宅を指します。

1.長期に使用するための構造と設備がある
(a.劣化対策 b.耐震性 c.維持管理・更新の容易性 d.可変性 e.バリアフリー性 f.省エネ性
2.居住環境等へ配慮されている
(市町村の地区計画、景観計画などに適合)(g.住環境への配慮
3.一定面積以上の住戸面積がある
(埼玉県の認定基準では戸建て住宅75㎡以上、共同住宅等55㎡以上県以外の認定については、各行政庁にご確認ください)(h.住戸面積
4.維持保全の期間と方法を定めている
(i.維持保全計画の作成

長期優良住宅 認定基準のイメージ (木造戸建住宅)

長期優良住宅の手入れと記録

住宅の手入れ(メンテナンス)

長期優良住宅に長く住み続け、その価値を維持していくためには、お住まいの方が、住宅を建てた工務店やハウスメーカー等の信頼できる専門家と相談しながら、定期的な点検と補修を実施することが重要です。

記録の保存

維持保全計画どおりにメンテナンスをすることはもちろん、建築時や点検等の記録を保存していくことも重要であり、法律でも義務付けられています。認定した長期優良住宅の維持保全の状況については報告等を求める場合がありますので、認定通知書、建築時の図面や使用建材等のリスト(仕様書)、各種設備の取扱説明書、点検結果、修繕工事の記録などを工務店等からきちんと受け取り、大切に保存してください。

長期優良住宅のメリット

税制の優遇措置

長期優良住宅の認定を受けた住宅で、一定の条件を満たす場合には、次の税制の優遇措置を受けることができます。これらの措置を受けるためには、各税の担当窓口へ別途手続きをおこなっていただく必要があります。詳細は、各窓口へご確認ください。

  一般住宅 認定長期優良住宅 税の
担当窓口
所得税
(ローン減税)
平成31年6月30日までに入居した方
税制の優遇措置 所得税(ローン減税)一般住宅 税制の優遇措置 所得税(ローン減税)認定長期優良住宅 税務署
所得税
(投資型減税)
平成29年12月31日までに入居した方
  標準的な性能強化費用相当額(上限650万円)の10%相当額を、その年の所得税額から控除
登録免許税 平成29年3月31日までに取得した者
(1)保存登記    1.5/1,000
(2)移転登記    3.0/1,000
(3)抵当権設定登記 1.0/1,000
平成28年3月31日までに取得した者
(1)保存登記     1.0/1,000
(2)移転登記
 戸建の場合:2.0/1,000
 マンションの場合:1.0/1,000
(3)抵当権設定登記  1.0/1,000
法務局
不動産取得税 1,200万円控除 平成28年3月31日までに新築・取得された住宅
1,300万円控除
県税事務所
固定資産税
平成28年3月31日までに新築された住宅
【 戸  建 】 1~3年目 1/2軽減
【マンション】 1~5年目 1/2軽減
【 戸  建 】 1~5年目 1/2軽減
【マンション】 1~7年目 1/2軽減
市区役所
町村役場

住宅ローンの金利引き下げ

住宅金融支援機構の長期固定金利住宅ローン(【フラット35】)を利用する場合、一定の金利引き下げの適
用を受けることができます。詳細は、住宅金融支援機構のホームページ等でご確認ください。

耐震性

耐震

私たちは、デザインや価格、素材にこだわった住まいづくりを展開しています。しかし、それらよりも私たちが大切にし、最も自信を持っているのは住宅としての基本性能、すなわち、「地震や台風・火災といった災害に強く、安心して長くお住みいただける住まいづくり」 にほかなりません。

住宅にとって何よりも大切なことは住み手の皆様が、安全に、快適に末永く暮らせることです。

小川ホームズでは大地震に力を発揮するタフネス工法を採用しています。木造住宅における大地震時の倒壊の多くは、通し柱と梁を接合させるための「ホゾ等」による断面欠損が原因で起こります。「タフネス工法」はその欠損を極力抑えた、「金物ジョイント工法」を採用しています。

木材は精度の高いプレカット工場で加工しているため安定した強度を発生します。さらに外壁部分と床には体力面材を使用する事で、六面を一体とした剛性の高い建物を造る事ができます。

「タフネス工法」により構造安全性を確保しながら、自由設計度の高い建物を提案させていただきます。たとえば、一階から2階を貫くダイナミックな吹抜けや、柱や壁の少ない広々としたリビング、壁一面を全面開口にした開放感のある広間など、お客様の多様なニーズにお応えします。

耐震

また基礎は、ベタ基礎を標準としています。すべてを一体化することで、地震の大きな力を基礎全体で分散します。また、地盤の一部に力が加わり、家全体が傾く原因となる不動沈下を生じにくくします。

基礎の材料は、これまで高層ビル建築等で使われている当社独自の高品質・高性能コンクリートを採用し、ひび割れに強く、高い耐久性を発揮します。

素材・材料

素材・材料

私たちは、天然素材、とくに木材にこだわった住まいづくりを展開しています。木は非常に軽く丈夫なうえに人にやさしい材料として、日本の家造りに欠かせないものとなっています。たとえば構造体が鉄やコンクリートの場合でも、一般的な住宅の床材は木を使用していることがほとんどです。

木の魅力は軽くて丈夫なだけではありません。快適な湿度を保つ調湿効果、疲労回復やストレス緩和などのリフレッシュ効果、カビ・ダニの抑制効果などが期待されます。そして木の最大の魅力は、何と言ってもその「美しさ」にあります。無垢の木は使い込むほどに本物の木だけが見せる味わいを感じさせます。

無垢の木は高価だと思われがちですが、木が多いから高くなるわけではありません。小川ホームズでは、ご提案から打ち合わせ、設計、工事、メンテナンスまで一貫して行っているため、建築コストを抑えた適正価格でのご提案ができます。

環境

小川ホームズでは、日本人が古来から環境と共生するために培ってきた知恵と、高気密・高断熱の住まいづくりが融合し、四季が変化する心地よさを感じながら、1年中快適に過ごせる心地良い住まいづくりを提案しております。

邸別通風設計

邸別通風設計

小川ホームズは、敷地に合わせて四季折々の太陽や風の流れを分析し、快適な生活を視野に入れた邸別通風設計です。

暖かい空気は上昇する性質を利用した風の流れを計画、低い位置に外の爽やかな風の入り口を、高い位置には出口を設け、室内のよどんだ空気や排熱を外部へと促します。風の流れのコントロールで家全体に爽やかな風と快適な空間をつくります。

優れた「断熱・気密性」を誇ります。夏の日差しは、深い庇が効果的に日陰をつくり遮断することで外気温を緩和し涼しい住まいに。冬の低い日射しは、太陽をたっぷり招き入れ、室内を暖めます。夏は涼しく、冬暖かい住空間は、冷暖房効率を高め、光熱費も軽減します。

断熱

断熱

現代の家づくりにおいて最重要テーマの一つが「省エネ」です。小川ホームズは2020年の認定低炭素住宅の義務化に先がけ、断熱性能の高い建物およびエネルギー消費量の少ない設備の提案を致します。一棟、一棟個別に、サッシ・断熱材・他材料の断熱性能を総合的に計画することで、高断熱の性能を確保していきます。断熱材は、水から生まれた環境にやさしい発砲系断熱材を標準仕様としております。高断熱・高気密とする事でヒートショックの少ない快適な空間と、冷暖房コストおさえた環境にやさしい省エネルギー性の高い建物を提供してまいります。

小川ホームズの住まいは「次世代省エネルギー基準」をクリアするすぐれた断熱性・気密性が標準仕様。次世代省エネルギー基準は、1999年に告示された住宅の省エネルギー性能の公的基準。断熱性を表す「熱損失係数(Q値)」や「熱貫流率(K値)」、気密性を示す「相当すき間面積(C値)」といった数値基準が設けられています。

小川ホームズの住まいの断熱材は、吹付け工法の場合は日本アクアのアクアフォーム を、充填断熱の場合は 旭ファイバーグラスのアクリア を推奨しています。アクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。、繊維系断熱材や発泡プラスチック系断熱ボードなど従来の断熱材と異なり、原液を現場でスプレー施工する新しい断熱システムです。発泡した硬質ウレタンフォームが多量の空気層を保つため、優れた断熱性を発揮します。また、スプレー断熱工法によって家をすっぽり包むため気密性が高く、隙間風による冷暖房効果の低下が少なく、同時に静かな住環境を実現します。しかも、フロンやホルムアルデヒドを原料に使用していない、地球にも人にも優しい断熱システムです。

アクリアとは、有害な化学物質であるホルムアルデヒドを使用しないグラスウール。グラスウールの特性である、ノン・アスベスト、ノン・フロンに加え、ノン・ホルムアルデヒドを実現しており、これまでのグラスウールの優れた特性をさらに一歩進めた断熱材です。